真性包茎は、治療をしておかないと様々な場面で悩みを抱えることになります。
将来的には、生活にも支障が生じる可能性があるものなので、気づいた段階で治療を行うのがおすすめです。
真性包茎の怖い点は、自分の問題だけではなく大切にしているパートナーも傷つけてしまう可能性が存在する点です。
真性包茎は、病気のリスクが高く、またそれを移しやすい傾向もありますので本人だけの問題では済みません。
また、悪臭などから周囲の人に真性包茎であるとバレてしまう可能性もあります。
まずは、真性包茎を治療することでそれらのリスクから解放されるということを知っておきましょう。

パートナーと正常な性生活を楽しめる

真性包茎の治療がおすすめなメリットとして見逃せないのが、パートナーとの関係です。
基本的に、真性包茎の患者の多くはパートナーと性行為を行うことに抵抗を感じていることが大半です。
これは、包皮をかぶっている陰茎を見られるのが恥ずかしかったり、相手に対して迷惑をかけてしまうことに罪悪感を感じている人が多いからです。
実際に、真性包茎の患者は満足に性行為を行うことができない背景があります。
まず、勃起をしただけで痛みが生じる可能性があるからです。
真性包茎の患者は、亀頭への直接的な刺激に慣れていないので、勃起をするだけで痛みがあったり、相手の膣内に陰茎を挿入した時にその刺激に耐えられないという難点があります。
同様に、避妊器具であるコンドームが外れやすいという大きな問題点もあります。
市場で流通しているコンドームは、亀頭に合わせて装着できるようになっていますので、その部分が包皮で覆われていると滑りやすくなります。
ですから、性行為を行っている最中にコンドームが外れてしまうこともあります。
早漏などの原因になることもわかっていますので、真性包茎を治療するとこれらの問題点を解決できておすすめです。

性病へのリスクが激減する

基本的に、性感染症は清潔な状態にしていても感染することは確かにあります。
しかし、不衛生な状態を作っているときには、その感染リスクは数倍以上にも跳ね上がります。
この状況の典型的なものとして挙げられるのが、実は真性包茎です。
真性包茎は、包皮と亀頭が密着している状態ですので、非常に汚れが溜まりやすい状態になっています。
これは、病気の発症リスクを考慮しても本当によくありません。
例えば、亀頭と包皮が癒着しすぎてしまうと、その間に雑菌が発色しやすくなってしまいます。
この場合、亀頭包皮炎などの炎症が発生してしまってより亀頭と包皮が癒着する状態になります。
当然、この状態が悪化するとより雑菌が繁殖しやすくなってますます衛生環境が悪化します。
不衛生な環境が続くと、それだけ性感染症にかかりやすくなりますのでとても危険です。
また、性感染症のリスクは自分だけではなくパートナーにも及びます。
亀頭と包皮の間に付着している雑菌は、性行為を通して相手にも感染するからです。
しかも、通常の状態と比較してより不衛生な状態にありますので、パートナーへの感染リスクも同様に数倍に跳ね上がります。
ですから、なるべく早く治療をした方が賢明です。

日常生活のリスクを排除できる

真性包茎が最も怖いのは、日常生活にも悪影響を与える可能性がある点です。
そもそも、真性包茎の患者の包皮口は非常に狭いので、普通に勃起をすることも困難である場合があります。
勃起をすると、包皮口が広がって亀頭を露出させようとしますが、真性包茎の場合はこの包皮口が非常に狭いのでその部分が裂けてしまうことがあるのです。
その結果、出血をしたり痛みが継続的に発生することも珍しくありません。
それだけではなく、満足に排尿をすることができなくなるリスクもあります。
これは、亀頭に癒着している包皮が邪魔をして、小便がきちんと前に進んでいかなくなってしまうからです。
周囲に散らばったり、二股に分かれるようなことが多い人は、この状態になってしまっている可能性があります。
そして、何よりも問題なのが悪臭がするという点です。
真性包茎の人は、本人が気づいていないだけで陰茎部分に多くの汚れが溜まっています。
この汚れは、周囲の人が感知できるレベルの悪臭となって放出されます。
特に、暑くなって雑菌が繁殖しやすく、また薄手になりやすい夏場にはこの傾向が強くなります。
真性包茎を治療すれば、こういった問題点を解決できるためおすすめです。

まとめ

真性包茎の治療は、実はそれほど難しくありません。
基本的に、亀頭を露出させるための対策を講じればよいので、即日で治療を行うことも可能だからです。
しかも、年齢に関しても問題ないというメリットもあります。
例えば、大人になってから治療を行うときであっても、局部麻酔を行って治療を進めていくことができますので、成長期ではない人であっても痛みを小さくできる現状です。
一度治療を行えば、常に亀頭を露出させておくことができますので様々なリスクを排除できます。
自分だけではなく、パートナーの安全も守れますので気づいた段階で真性包茎の治療を行うことが大切です。

PRサイト
真性包茎を治そうか悩んでいるならこちらのサイトへ
https://africaatlanta.org/houkei/sinsei_houkei/